3月のライオンは、羽海野チカさん原作の将棋を題材とした大人気漫画の実写版。前編が3月18日(土)公開、後編が4月22日(土)公開の2部作となっており、主人公の神木龍之介さんはじめ豪華キャストにより国民的マンガといわれる原作の世界が色鮮やかに再現されています。

20170323_01thumb.jpg

今回日本文書では、劇中使用される、加瀬亮さん演じるプロ棋士 宗谷冬司 の写真集の製作を担当させていただきました。

20170323_02thumb.jpg

撮影用小道具の製作で重要なのは、何と言ってもカメラ映えすること。
本文の印刷では、カメラを通して美しく観える、映像化された時に美しく観える、ということを目的に用紙を変えたりデータを変えたりしながらテスト印刷とテスト撮影が繰り返されます。

本文の印刷が決定したら、次は製本です。
瞬間ごと、一コマ一コマの理想の見え方を形にするために、普段手作業で本を創っている私たちの知識や技術、経験を総動員して紙の厚みや種類、質感、ページの綴じ方や形状等、ご提案しながら製作していきます。

20170323_04thumb.jpg

どのような場面でどんな風に使われるのか。
そのためにはどんな材料でどんな綴じ方が適しているのか、理想を形にするために、最善の策を求めてチャレンジしていきます。シンプルなものこそ難しく、簡単にできそうでできないところがおもしろいところ。

映画やドラマ、CM等の撮影用小道具や、店舗ディスプレイ用の製品作製は日本文書のメインのお仕事ではありませんが、年に何度かこういったお問い合わせをいただきます。
お客様のイメージしているものを理解し、共有し、形にしていく、というお仕事はとても難しく、知識や技術はもちろんのこと、対応力、完成させるまでのスピード、予算に見合った価格など多くのものが求められますが、毎日数多くのオーダーメイド製品を製作し、全ての製品に真剣に向き合い、工夫し、チャレンジしながら経験と技術を磨いている私たちの力量が試される場でもあると思って挑戦させていただいています。

こだわって苦労して作ったものほど思い出に残り、そういった仕事に対して、営業も製作も楽しみながら試行錯誤することが私たちのやりがいであるとも感じています。

イメージが形として完成したときは勿論ですが、お客様に喜んでいただけたり、ご満足いただけることは本当にありがたく、私たちのものづくりの原動力になっています。
自分たちで作ったものが作品の中に登場するととても感動しますし、多くの方の目にふれるということはとても嬉しいことでもあります。

美術監督がこだわり抜いた写真集が、劇中どのように使われるのか、私たちもワクワクしています。

20170323_03thumb.jpg

今回はエンドロールに日本文書の社名とロゴマークを掲載していただけることになりました。エンドロールの最後まで、しっかり鑑賞しなくては!と思っています。

映画3月のライオンは、【前編】3月18日(土)【後編】4月22日(土)2部作連続・全国ロードショーです。写真集は後編により多く登場するとのこと!
皆さまぜひご鑑賞ください。

公式サイトURL:http://3lion-movie.com
第3弾の今回は凹加工 <高周波ウェルダー箔押し> をご紹介します。

PVCスポンジシートを用いたウェルダー加工のバインダー。
こちらはPVCスポンジシートへエンボス凹み加工であるウェルダー箔押しを施しました。

201604_01_thumb_part3.jpg

PVCシートは生地が固く薄い素材のため、通常の箔押し(型押し・空押し)加工では立体的な凹みを十分に表現することがなかなかできません。
そこで、高周波を生地にあて、表面を溶かして加工するウェルダー箔押しを使用して箔押し部分を深堀に加工することにより、より凹み部分を強調するように表現しています。

201604_02_thumb_part3.jpg

空押し(型押し)で凹み加工のみを表現しても素敵ですし、金色や銀色の箔を載せても立体感に箔の輝きが加わってとても美しい仕上がりになります。
写真の製品のように、一つのデザインに銀箔と空押し(型押し)を組み合わせても素敵です。


このように、生地や印刷の性質、それぞれの特性を良く理解し、それに見合った加工を施し、想像を形にしていくこと、それが特殊印刷、特殊加工の楽しみであると日々感じています。

これからもお客様に楽しい驚きを与えるような素敵な製品を創り出し、お届けしたいと思っています。


お問合せ、ご相談は日本文書ファイル専門サイトから
 日本文書ファイル専門サイト
   http://www.nihonbunsho.com/
 日本文書コーポレートサイト
   http://www.nihonbunsho.biz/
凸凹印刷凸凹加工特集の第2弾
今回は盛り上がった凸加工 <UVシルク厚盛印刷> をご紹介いたします。

ビニールクロス貼り表紙のハードカバーバインダーに、黒色とグレーの2色シルク印刷を施し、その上から透明なUVインキを厚盛りして重ね、立体感を出しました。
UVインキは紫外線を照射することにより瞬時に硬化・乾燥する特製を持っており、厚く重ねることによって、インキを盛り上げて印刷することができます。

201604_01_thumb_part2.jpg

グロスインキの立体感によって、角度により光の反射も変化し、独特の質感を生み出しています。
生地の少しザラザラとしたマットな質感と、UVインキの濡れたようにも見える艶々した立体的な質感のコントラストがおもしろく、とても洗練されたスタイリッシュかつ個性的な印象を与えます。

201604_02_thumb_part2.jpg

下地となる色をカラーで印刷し、その上から透明のUVインキを重ねることによって、その部分を強調したり、その部分だけ質感を変化させたり、等様々なデザインに対応でき、表現の幅が大きく広がります。

こちらはPVCシートを使ったウェルダー加工の不動産ファイル、重要書類ホルダー。

201604_03_thumb_part2.jpg

こちらも同じくUVシルク厚盛印刷を施しています。
PVCシート(ビニールシート、塩ビシート)にカラー印刷を施す場合は通常シルク印刷を用います。今回はこのシルク印刷にUVグロスインキを厚盛りして重ね、盛り上がった立体的な印字加工を施し、印字部分への存在感をアップさせています。

201604_04_thumb_part2.jpg

シルク印刷はマットな質感が特徴。UVグロスインキを使用すれば、立体感だけではなく、シルク印刷だけでは表現できない艶感、光沢も表現することができます。


下地となる色をカラーで印刷し、その上から透明のUVインキを重ね厚盛りにすることによって、その部分を強調したり、その部分だけ質感を変化させたり、等様々なデザインに対応でき、表現の幅が大きく広がります。
UVシルク厚盛印刷、ぜひご検討下さい。

第3弾は凹み加工、<高周波ウェルダー箔押し> をご紹介します。
お楽しみに!

日本文書の不動産ファイル専門サイト
http://www.nihonbunsho.com/realestate/
日本文書ファイル専門サイト
http://www.nihonbunsho.com/
本やバインダーの顔である表紙。日本文書では、表紙の素材に合った加工を選ぶことによって、より一層その素材を生かし、デザインを際立たせることを心がけています。

今回ご紹介するのは、そんな中でもひときわ楽しい凸凹印刷凸凹加工。
素材に合わせて印刷を立体的に加工することによって、高級感を増したり、スタイリッシュに仕上げたり、遊び心を演出したり。見ても触っても楽しく素敵な表紙を作ることができます。

Part①では凹んだ加工の一つ、 <変色PUへの空押し(型押し)> をご紹介します。
使用している素材はPU(ポリウレタン)レザーという合皮素材。この生地は熱と圧を加えることによって1層目が溶け、2層目のダークカラーに変色するという特徴があります。
加工した場所が凹むだけでなく変色するので、印字部分を強調したり、際立たせたり、ということが可能です。

201604_01thumb.jpg

熟練の技術者が、変色の濃度、生地の質感に合わせて箔押し加工の温度や強度を調節しながら加工していきます。一層目が溶けてもエッジの部分はとても鋭角に加工できますので、印字はとても鮮明です。表面が凹み、立体的になるだけで、ロゴマークの印字がよりリッチな印象になります。

201604_02thumb.jpg

ウレタン加工により生地の柔らかさが際立ち、ふっくらとした仕上がりに。また周囲のステッチ加工で更に立体感が増すことによって平面の印刷では表現できない高級感が生まれ、とても目を引く個性的な仕上がりになります。

このレザー(合皮)クリップボードは、ウエディングプランナーの方がカウンセリングファイルとして使用されているものです。目立ち過ぎず、控えめでありながらもさりげなく主張するロゴマークが素敵です。

変色PUレザーは、生地の色や変色のバリエーションも豊富に取り揃えていますので、金箔や銀箔はちょっとイメージが違うな、という場合でもイメージぴったりの組み合わせに出会えるかもしれません。

もちろん凹み部分に金色や銀色の箔を載せても美しく、箔押しとの相性も抜群です。

高級感のあるレザーに立体的な凹み加工で印象的な製品をお求めいただけます。
ぜひご検討下さい。

次回は凸印刷凸加工の <UVシルク厚盛印刷> をご紹介します。
お楽しみに!

日本文書のPUレザー貼り表紙ファイル専門サイト
http://www.nihonbunsho.com/pu/
10月に入り、朝晩の風がひんやりしてきました。気持ちの良い秋晴れが続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は日本文書が美術協力をさせていただきました映画のご紹介です。
20151008_01thumb.jpg

「図書館戦争 THE LAST MISSION」 2015年10月10日(土)全国公開
http://toshokan-sensou-movie.com
20151008_02.jpg

映画の予告編にも出演(?)している紺色のハードカバー「図書館法規要覧」を作製させていただきました
予告Full ver.(1分57秒~59秒の間に登場しています)

最初にお問い合わせいただいたのは昨年の12月。
映画についてご説明を受けた後、ストーリーの中の本の役割についてお話を伺いながらイメージを共有させていただきます。「こんな風に作れますか?」と企画デザインされたイメージを、実際に本物の形にしていくところが私たちの仕事になります。

青銅色の表紙、古書のため、少し日焼けしたような色あせたような色味、質感の布で装丁したいとのリクエストをいただき、何点か生地をご提案させていただきます。

なかなか理想通りのピッタリな生地が見つからず、苦戦しますが、美術ご担当の方は諦めません。ご自身でも色々な生地をあたってくださいます。
その熱意に私たちも感動し、更に熱が入ります。
20151008_03.jpg

遂にこれは!という色味、質感の生地を入手しますが、ここから、実際の映画撮影を想定して、古書の雰囲気を出すために、最終形をイメージして何点か試加工を行います。
20151008_04.jpg 20151008_05.jpg

表紙が決まったら今度は本文です。
古書の雰囲気、当時の紙の質感、インクの様子を再現するために何度も試行錯誤を重ねます。

「今日はこんな風に試してみました」「こんな加工はできますか?」「これは使えますか?」とお忙しい中毎日通ってくださったご担当者様。絶対にイメージ通りのものを仕上げる。という熱いお気持ち、あきらめない姿勢に何とかお応えしたいと私たちも毎日刺激をいただき、学ばせていただきました。

デジタル加工が多い今、このように一切の妥協なく、ものづくりに真摯に向き合われるご担当の方のお姿に、私たちも改めて作り手としての姿勢を正される思いがしました。

こうして作り手の「想い」がぎゅーっとつまった「もの」には魂が吹き込まれ、その佇まいや雰囲気は「もの」を超えた特別な存在感を纏います。

完成形はこちら!
映画ではこのようなショーケースに入ってお目見えするそうです。
20151008_06.jpg 20151008_07.jpg

私たちのもとを旅立った製品が、このように活躍するのはとても嬉しいものです。

映画やCM、ドラマ、テレビ番組の撮影等に使用する小道具や、店舗のディスプレイ等に使用する小道具は、イメージにピッタリのものを既製品で探すとなるとなかなか難しい場合が多いと思います。まあこんな感じでいいかな、イメージに近いかな、と妥協することなく、「これだ!」とできる限りご希望のイメージを形にできるよう私たちは日々奮闘しています!
必要な部分だけでも、少部数でもご利用いただけます。ぜひ日本文書にお任せください。

日本文書が美術協力をさせていただいた映画、「図書館戦争 THE LAST MISSION」は2015年10月10日(土)より全国ロードショーです。エンドロールに日本文書の名前が出ます!
お楽しみに!
20151008_08.jpg