--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月となり毎日夏らしく暑い日が続いていますが、皆様お元気で夏を満喫していらっしゃいますか?

私たちは先日、現在大ヒット上映中のスタジオジブリ長編アニメーション「思い出のマーニー」
関するお仕事をさせていただきました。

⑦maruman_banner_1

映画「思い出のマーニー」の美術監督として全シーンの背景美術を担当された種田陽平氏が、映画上映を記念して美術監督、監修をつとめられた展覧会「思い出のマーニー×種田陽平展」への美術協力という形で、アニメーションで重要な役割を担う日記帳を実製作させていただく、というものです。
②デスクより

展覧会では、アニメーション作品の世界を実写映画のセットのように再現し、映画の物語の鍵となる重要な舞台、“湿っ地(しめっち)屋敷”で起きるふたりの少女の幻想的なストーリーや、物語に登場するあらゆる小道具や装飾のディテールにも徹底的にこだわり、訪れた人が物語の秘密に触れ、種田陽平氏が創る「マーニーのいる世界」を体感することができます。

まずはいただいた企画書を基に、アニメーションそのもののダイアリーが実物として製作可能かどうか、という検討から。

③企画書

一番重要なのは素材の選定です。こちらは私たちの得意分野。持っている情報をフル活用して、数ある候補の中からご希望にピッタリの素材を見つけることができました。
そして表紙の箔押し加工。こちらもピッタリの箔色を選定することができました。企画書通りのダイアリーに見事仕上がっていますよね?

次に、時代背景に合った紙の質感を出すように、印刷時に加工を施します。新品ではなく、
日にやけた古めかしさを表現していきます。
④Diary用紙

本を開いた状態で展示されるということで、見開きに最適な製本方法で綴じます。

⑤Diary背表紙
完成しました!
完成品をご覧いただいた際、「わー!」という歓声をいただき、私たちもとてもとても嬉しかったです。

こちらのダイアリーがご覧いただける「思い出のマーニー×種田陽平展」は
2014年7月27日~9月15日まで東京都江戸東京博物館にて開催中です。
①部屋全景

日本文書には社内に併設工場がありますので、お急ぎのリクエストやこだわりのご希望にも迅速且つ柔軟に対応することができます。
また他ではできないリクエストにもベストを尽くし、お客様にご満足いただける方法をいつも全力で考え、実現していきます。

撮影用小物や店舗のディスプレイ用小物など、イメージ通りの物が見つからない場合は、作ってしまうことも可能です。
少部数から大量部数まで、またこだわりの一点物から商業用製品まで、幅広く対応させていただきます。

⑥Diary

私たちも大好きなジブリ作品に携わることができ、とても嬉しいお仕事でした。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。