日本文書スタッフブログ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 3月のライオン の美術協力をさせていただきました

3月のライオンは、羽海野チカさん原作の将棋を題材とした大人気漫画の実写版。前編が3月18日(土)公開、後編が4月22日(土)公開の2部作となっており、主人公の神木龍之介さんはじめ豪華キャストにより国民的マンガといわれる原作の世界が色鮮やかに再現されています。



今回日本文書では、劇中使用される、加瀬亮さん演じるプロ棋士 宗谷冬司 の写真集の製作を担当させていただきました。



撮影用小道具の製作で重要なのは、何と言ってもカメラ映えすること。
本文の印刷では、カメラを通して美しく観える、映像化された時に美しく観える、ということを目的に用紙を変えたりデータを変えたりしながらテスト印刷とテスト撮影が繰り返されます。

本文の印刷が決定したら、次は製本です。
瞬間ごと、一コマ一コマの理想の見え方を形にするために、普段手作業で本を創っている私たちの知識や技術、経験を総動員して紙の厚みや種類、質感、ページの綴じ方や形状等、ご提案しながら製作していきます。



どのような場面でどんな風に使われるのか。
そのためにはどんな材料でどんな綴じ方が適しているのか、理想を形にするために、最善の策を求めてチャレンジしていきます。シンプルなものこそ難しく、簡単にできそうでできないところがおもしろいところ。

映画やドラマ、CM等の撮影用小道具や、店舗ディスプレイ用の製品作製は日本文書のメインのお仕事ではありませんが、年に何度かこういったお問い合わせをいただきます。
お客様のイメージしているものを理解し、共有し、形にしていく、というお仕事はとても難しく、知識や技術はもちろんのこと、対応力、完成させるまでのスピード、予算に見合った価格など多くのものが求められますが、毎日数多くのオーダーメイド製品を製作し、全ての製品に真剣に向き合い、工夫し、チャレンジしながら経験と技術を磨いている私たちの力量が試される場でもあると思って挑戦させていただいています。

こだわって苦労して作ったものほど思い出に残り、そういった仕事に対して、営業も製作も楽しみながら試行錯誤することが私たちのやりがいであるとも感じています。

イメージが形として完成したときは勿論ですが、お客様に喜んでいただけたり、ご満足いただけることは本当にありがたく、私たちのものづくりの原動力になっています。
自分たちで作ったものが作品の中に登場するととても感動しますし、多くの方の目にふれるということはとても嬉しいことでもあります。

美術監督がこだわり抜いた写真集が、劇中どのように使われるのか、私たちもワクワクしています。



今回はエンドロールに日本文書の社名とロゴマークを掲載していただけることになりました。エンドロールの最後まで、しっかり鑑賞しなくては!と思っています。

映画3月のライオンは、【前編】3月18日(土)【後編】4月22日(土)2部作連続・全国ロードショーです。写真集は後編により多く登場するとのこと!
皆さまぜひご鑑賞ください。

公式サイトURL:http://3lion-movie.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。